「トランクルーム」と「レンタル収納スペース」

何が違うの?どっちがいいの?

『トランクルーム』と『レンタル収納スペース』ですが、両者はどちらも室内型のスペースに荷物を収納します。 実際にどう違うのか・・・。実は、運営側主体と契約体系が違うのです。 トランクルームは倉庫業、責任を持って荷物を預かります! トランクルームを運営するのは、国土交通省より認定を受けた倉庫業者さん。 倉庫業法に基づく運営、つまり保管用倉庫となります。 契約内容は『寄託契約』となり、預けた物は、運営業者さんが責任を持って保管。破損・汚損があった際は一定の補償を受けられます。 物件に現地スタッフが常駐しており、利用時間に制限を設けている代わりにかなり厳重な警備体制を設けております。

 

『レンタル収納スペース』は不動産系賃貸、物を置くスペースを賃借する!

レンタル収納スペースを運営するのは、主に不動産系賃貸業者さん。 荷物を預けるトランクルームとは根本的に違い、荷物を収納する場所を借りる…つまり「不動産賃貸借契約」となります。
そのため、原則荷物に対する責任は自己責任であり、運搬搬入もユーザーが自由に行います。専用の建物や、マンション・ビルを改装して物件利用する場合が多く、店舗は無人管理です。 24時間出し入れ可能な場合もあるので、自由に使いたい場合に適している、といえます。 頻繁に出し入れするモノの保管の為に自宅や職場に近い場所を希望する方が利用するケースが多いです。

近い方が便利とおもって都内で借りたけど・・・

  • 出し入れは年に1回あるかないか・・・
  • 安く済まそうと屋外型にしたら大事な洋服が痛んでて・・・
  • 車で取りに行く暇も体力もない・・・
  • 郊外を検討しているけれど車がないから持っていけない

まずは荷物の出し入れの頻度で検討

自宅や職場の近くのレンタル収納スペースやトランクルームを利用している方の中には、「近い方が便利とおもって都内で借りたけど、実際は預けっぱなしで、出し入れは年に1回あるかないか。」「取りに行こうと思っても自分で運びだすのが面倒で・・・。」と割高な都内に借りたけど、郊外でもよかった、といったケースも見られます。またお年寄りや女性の方など、自分で運び出すことが物理的に難しいといった方も。そんな場合は宅配型のトランクルームも検討してみてはいかがでしょう。

大きな荷物ならklassyにお任せ

klassyなら自宅に居ながら電話1本でお引き取り、お届けもお任せください。ソファやベビー用品など大型家具、タイヤなど箱に入らない大きなものもお預かりに伺います。集荷・配送も対応しているのでお車をお持ちでない方や、力仕事が苦手な女性や高齢者の方にもおススメです!

価格もとってもリーズナブル

価格は屋外型なのに、品質管理やセキュリティは屋内型!

klassy 屋内型(都内) 屋外型(都内)
月額費用 9,000円 19,000円~ 8,000円~
初期費用 0円 2,300円~ 28,000円~
集荷配送 × ×

この事例にマッチした保管プランは

klassy mini(クラッシィ ミニ)

¥3,000

単身者やミングルの方向けのエントリープランです。
お引越しの単身パックと大体同量のスペースになります。衣服の保管や大きさによりますがレジャー用品の保管にも活用できます。

このプランで仮申し込みする

まずは料金シミュレーション

カンタン!便利「klassy」料金シミュレーションで
お見積もり&お問い合わせ

料金シミュレーション

お問い合わせ・ご相談はお気軽にメールにてお願いします!

お問い合わせはこちら

0120-985-965

このフリーダイヤルは、お荷物を保管している倉庫(受付)につながります。klassy本部への急を要するご連絡の際の取り次ぎまたはご利用者様がお荷物を直接持込む場合や取寄せの際にご確認・ご連絡するためのダイヤルとなります。