一時的に実家に戻る場合の保管場所に

一人暮らし再開までトランクルームを活用

一人暮らしをしていたけれど、一旦実家に帰る人が荷物の保管場所にするケースもあります。進学や就職、学生や新社会人の場合、これまでと生活環境ががらっ変わり一度実家に戻るというケースが少なくありません。その際、近い将来また一人暮らしするかもしれないので、これまで使っていた家具や家電を処分するのはもったいないけれども実家に置くスペースがない。
こんな時にトランクルームが役立ちます。 家具や家電は処分する際には以外と費用がかかるものですので、実家に帰るのであれば一時的に保管をしておいて、また次に必要な時に取り出せば処分する必要もありません。期間によっては処分して、再度一人暮らしの際に買い戻すほうが得な場合もありますので、時期と年間の費用、買いなおした場合の総額等、どちらがお得か検討する必要はあります。

 

いづれ必要になる家財道具を一時保管するなら

  • 大切なモノなので屋内型の方が、防犯上も安全
  • 宅配型なら引越と同様に荷物も取りに来てもらえます
  • 更に宅配型なら次に住む場所にも配送してもらえます
  • 一人暮らしの時期が分かっている場合は買いなおした場合とどちらが得か確認

トランクルームの難点は自力で運ぶこと!?

荷物を自力で運ばないといけないのがネックでトランクルームも利用しない、という声をよく聞きます。 トランクルームを借りても運送会社に依頼するのが面倒、レンタカーを手配して自分で運ぶのも、暇もないし、運転にも自信がないし、で結局断念する方が多いようです。 それであれば最初から引越し業者の荷物一時預かりサービスを活用した方が便利だな、という結論になります。
ただ、荷物によっては預けられないものもありますし、期間も決められている場合が大半です。費用についてもトランクルームよりも高額になるケースもあります。引越し業者に頼む時は一括見積もりをしっかり活用して、無駄に高い料金で申し込まないように注意しましょう!

そんな方には宅配型のトランクルームがおススメ

運転が苦手、荷物を運ぶ足(車)がそもそもない、力仕事は苦手。仕事が忙しくて荷物をまとめたり、運ぶ暇がない。そんな方には宅配型トランクルームがおススメです。自分で運ぶ必要がなく、都内のトランクルームと比べてリーズナブルということで、最近は宅配型のトランクルームの人気が急上昇しています。

宅配型トランクルームは主に2つの種類があります。
①既定サイズの段ボールに入る荷物を個数に応じて課金していく従量課金制のものと、②段ボールに入らない大きな荷物も預けることができ、収納するスペースに応じて価格が変わるプラン制の2通りあり、利用する側のニーズや用途によっておススメのタイプが異なります。

大きな荷物ならklassyにお任せ

klassyなら自宅に居ながら電話1本でお引き取り、お届けもお任せください。ソファやクローゼットなどの大型家具、洗濯機や冷蔵庫などの大型家電など箱に入らない大きなものもお預かりに伺います。集荷・配送も対応しているのでお車をお持ちでない方や、力仕事が苦手な女性や高齢者の方にもおススメです!

価格もとってもリーズナブル

価格は屋外型なのに、品質管理やセキュリティは屋内型!

klassy 屋内型(都内) 屋外型(都内)
月額費用 6,000円 19,000円~ 8,000円~
初期費用 0円 2,300円~ 28,000円~
集荷配送 × ×

この事例にマッチした保管プランは

klassy large(クラッシィ ラージ)

¥12,000

大家族や2世帯のご家族向けの大容量プラン。リフォーム時や海外転勤時の家財道具の一時保管にもピッタリです!

このプランで仮申し込みする

まずは料金シミュレーション

カンタン!便利「klassy」料金シミュレーションで
お見積もり&お問い合わせ

料金シミュレーション

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

0120-985-006

自宅に居ながら電話一本(もちろんメールでも!)で段ボール1箱からお引き取り、お届けもお任せください。
電話一本でゆとりのある生活空間が広がります。

お問い合わせはこちら